タグ: YouTube

YouTuberたちを苦しめる収益化の基準

ユーチューバーたちを苦しめる収益化プログラムが変わってから2ヶ月ぐらいが経とうとして
いるが俺はユーチューバーとして自分自身の収益化というものをもう一度考えてみると本当
に一部の既得権益のようにユーチューバーの収益がここまで落ちたのはなぜなのか。

YouTube が無法地帯になっていたということは間違いないが、多かれ少なかれ今回の収益化
プログラムに不満を持っていた人間がいただろう。チャンネル登録者1000人、総再生時間400
0時間以上この壁を超えない限り収益化というものは難しくなってきた。

 

 

YouTube 本社銃撃事件からわかった女性ユーチューバーの不満

 

 

今から一週間ぐらい前 YouTube の本社にユーチューバーが銃撃をするという事件があった。
これも収益化が変わったということがありこの女性ユーチューバーが作っていた動画が全て
レーティング機能がついてしまったということがあったということである。早い話が収益が
つかないという動画だったがその動画とは菜食主義者の動画だったという。

これで俺は思った。 YouTube に上げて困る動画というのはスポンサーがみんな検閲してい
るのである。つまり健康系の動画というものはほとんどの場合収益化がつかないということ
だ。この女性ユーチューバーはほとんどの動画をビーガンの動画を上げていたと言うがまさ
に広告主が嫌うようなことをしたのかどうかは分からないにしてもチャンネル登録者が5000
人以上いたことは間違いない。

 

 

プラットフォーム型依存の怖さ

 

 

YouTube のようなグローバル企業にとっては規約が1日でころっと変わってしまうかもしれない
しある意味規約が変われば守らなければいけないということであるが規約が変わってしまえば
結局アカウント停止も含めた措置というものはいつでもできるということだ。

YouTube 以外の収入源を持っていないととんでもないことになるということはお分かりだろう。
ブログに例えるならばアメブロが記事を削除してしまうのと同じぐらいたちの悪いものであり
ユーチューバーに依存するというのは少し私は強いと思う。

 

 

YouTube に検閲されている

 

 

最近このような言葉が出ている。 YouTube に検閲されているのではないかということだがこ
れは日本に限らず YouTube が世界中の動画を検閲しているということは間違いないだろう。
このような動画を作っているということはこの人はどのような性格なのかそしてどのような
人間なのかということをモニタリングしているのではないか。

そして収益化するべきなのか収益化するべきではないのかなど 本当に色々な視点で考える
と YouTube が検閲しているということは紛れもない事実ではないか。日本国憲法では検閲
ということは許されないはずなのに YouTube がやっていることは許されるということは表
現の自由が侵されているということではないだろうか。つまり日本では表現の自由なんて
関係ないということを言いたいのか。

 

 

日本のユーチューバーはほとんど不満があるだろう

 

 

収益化が外されたということは日本のユーチューバーはほとんどが不満を持っている。
俺が知っている限りでも90%以上は壊滅的なダメージを受けたということだろうが安全地
帯に入っているユーチューバーから見れば高みの見物で言いたいことが言えるだろうし Y
ouTube のサポートというものもいい加減なものがあろう。

こうして簡単に弱者を切り捨てる政策を取ってきているのが YouTube であり親会社の Go
ogle ではないか。簡単に言えばトカゲの尻尾切りをされたようなものでありせっかくここ
まで収益化で頑張ってきた人間をいいとも簡単にルール変更という一言の 理由だけで変え
てしまうというのは俺自身も正直ムカついた。

日本だけではない英語県のユーチューバー達も今回の収益化に関してはさすがに我慢でき
ない部分がある。 YouTube 自体が動画を検閲しているということは医療マフィアや軍産複
合体にとって不都合な真実のある動画を作ってはいけないということなのか。

 

 

言論の自由はどこに担保されているのか。

 

 

YouTube に投稿する時色々な動画を作るだろうけども言論の自由なんてどこに担保されて
いるのだろうか。現にユーチューバーがこうやって動画を投稿したとしてもアカウント停止
になったり動画を検閲されたいというおかしな話があるがこれでは何を投稿すればいいのか
悪いのかが分からなくなってしまう。

YouTube 側のさじ加減で何でも決まってしまうということになれば自由にプラットフォー
ムを解放したはずの YouTube が自分たちにとって気に入らない動画は容赦なく削除する
ということだろう。またそのようなボランティアに参加している連中もそうだが俺はそ
のような人間がいいことを知っているのかどうかは別にしても今回の収益化が如何に ハ
ードルが高いかということである 。

 

 

メディアがユーチューバーを持ち上げる

 

 

今やメディアがユーチューバーを持ち上げる時代になった。昨年 valu 騒動を起こしたヒカル
などを考えてみると最近のメディアはユーチューバーを起用しなければ視聴 取れないのかと
いう風に俺は思うのだがそれほどメディアがユーチューバーという言葉を連呼しているのは
なぜだろうか。

一つはテレビとインターネットの融合という言葉がある。放送法を廃止しようとしている政
府がユーチューバーを担ぎ上げテレビで色々なことをやろうとしているが馬鹿げたユーチュ
ーバーのやっていることを見ていると俺は反吐が出てしまう。どちらかといえば収益化でき
なかったユーチューバーが変わりそうでありそういった人には手を差し伸べないというのは
まさにトカゲの尻尾切りというものだろう。

「正直者がバカを見る」

YouTube で頑張ってきた人間が一番馬鹿を見たのはこの瞬間ではないか YouTube で正義ぶ
った投稿をしているバカや偽善者ぶっている人間などにはあまり近づかないことだ。俺の
ように収益化が外されてもまた頑張ればいいという風に思える人間もいればそうでない人
間もいるだろう。YouTube の収益化がこれ以上変わらないことを願う。