タグ: ブロッキング

漫画村検索サイトから消えたけどもブロッキングは明らかにおかしいだろ

漫画村という海賊版サイトがあったがこのサイトは本来お金を出して購入するべきとこ
ろをタダで読ませてもらえるというおかしなサイトである著作権者の許可も得ずに勝手に
無断転載しているという質の悪いサイトであるがこの漫画村が Google から消されているこ
とが分かった。

俺も確認したがどうやらミレニアム著作権法によって確実に消されていることが分かって
いるがブロッキングという機能を使ったらしいがここで問題になってくるのがブロッキング
だ。要するに政府が閣議決定をしてこの漫画村を何が何でも消したかったのだろうがこれに
よって完全に検閲されているということが明らかになると表現の自由が侵害されるのではな
いかという恐れだって出てくる。

 

 

もちろん漫画村のやったことは許されることではない

 

 

著作権侵害をするアホを野放しにするというのは当然許されないことだがブロッキングと
いう問題が一つある。確かに見方サイト削除されたかもしれないがこれは国内から見れな
いようにしているだけであり海外からは漫画村見れるということだ。 確かに出版社から見
れば漫画村というバカなサイトが野放しにしされているという現状を放置できないからこそ
ブロッキングという手を使ったのだろうかこれが憲法違反にあたってしまうというのもおか
しな話である。

つまりは検閲されてたということになると日本国憲法では検閲は禁止されているということ
は誰だって知っているだろう。この漫画村がなぜこのような著作権違反を犯しているのか知
らないとしてもお金を出して購入すればそのことをなぜこんなアホなサイトを作ったのか分
からないかサイトの運営者をとっとと捕まえればいい話をブロッキングというやり方は果た
して正しかったのか。

 

 

ブロッキングが悪用されるでは政府に都合の悪いことは全部シャットアウトされる

 

 

 

 

今の政府がブロッキングを悪用するとしたら確実に都合の悪い情報をシャットアウトして
しまうということは間違いないだろう。ここで俺が言いたいのは情報発信している人間にと
ってこのブロッキングというのが一番タチ悪い安倍政権に導入しようとしたらどうなる。

要するに完全なブロッキングをされてしまうとしたら言論弾圧そのものではないか。まさ
に言論の自由などない中国と同じようになってしまうのが日本である。東京都では迷惑防
止条例が改正されおかしなことを言うだけで逮捕だの何だのと言っているかそもそもこの
ような条例はどう考えても憲法違反にあたるのに誰一人言わないというのもおかしな話で
ある。昔で言うならば不都合な真実というところだろうか。

 

 

YouTube でも著作権侵害の動画がアップし続けている

 

 

違法動画の多い YouTube にしてもこのようなことは他人事ではないだろう。 YouTube が収
益化プログラムを大きく変えた理由の一つにもこのような著作権侵害が減らないという背
景がある。 ユーチューバーを焚きつけるようによいしょしているのはどうも俺は気に入ら
ないけどねやはりこういったモラルをきちんと教えるべき時に漫画村のような著作権侵害
のアホが出てきても仕方がないだろうが出版社にとってこのようなブロッキングの措置は
やむを得なかったのか。

YouTube を検閲されていると言うがもともと YouTube は NSA が作ったようなものだ。だ
からこそ YouTube の本社を銃撃したあの事件はまさにユーチューバーを検閲したというこ
とは間違いないだろうし収益化されなかったという部分で考えてもあの女性ユーチューバー
がヴィーガンの動画を作っていたというだけの理由でみんな収益化されなかったのも本当に
悔しかったんじゃないのかと俺は思う。

 

 

逃げ恥の動画削除から見えた著作隣接権の問題

 

 

昨年の12月逃げ恥の動画の著作隣接権についての動画がほとんど削除されているということ
は俺自身も知っていたが要は星野源 の曲を カラオケで歌ったところを動画でアップしたユー
チューバーがいるということだったがこれも完全なるアウトだろう。アメリカ大使館ですら
動画の削除を求められたぐらいだからこの著作隣接権の問題というのは何大きくなってくる
だろうと俺は思っている。

今はどうなってるかわからないにしてもはっきり言えることは著作隣接権の問題というのは
YouTube で今後大きくなってくるだろうと思うし個人的に言えばカラオケ動画などアップロ
ードするバカが本当にいないだろう。

 

 

まるで独裁国家のやること

 

 

今回の漫画村の問題はもちろん著作権侵害なので Google から削除されてもおかしくないの
だがブロッキングの問題に関しては意見が分かれているのは当然である。俺は今回のブロッ
キングに関してはどうも納得できない部分はあるが出版社が受けたダメージというのは非常
に大きい。だからこそ考えなきゃいけないことは権利侵害がいいかにダメなのかということだ。

しかし安倍政権がこのようなことをやってくるとなれば非常に強い時代がくるだろうね。放送
法4条を改正して都合の悪い情報はシャッターとしようと企んでいる安倍晋三のことだから今
回のブロッキングがいかに政府にとって都合の悪い情報を遮断しようとしていることは間違い
ないだろうし俺は本当に強いなあと思うね。

 

 

お金を出してちゃんと買うのが当たり前

 

 

どんなアホだってわかるけどもたかが200円か300円ぐらいの電子書籍をケチって著作権
侵害のものをタダで見ようとするという根性が俺は気に入らないがこう言ったことをやっ
たとしても犯罪に加担しているだけに過ぎないのできちんとお金を出して購入してこそ
意味がある。漫画村自体アホなサイトであることは何度でも書いたけどもやはりこのよ
うなサイトがいる以上はうっとうしいなという風に俺は思うけどもこういったサイトを
なくすために何が必要かよく考える方がいいだろう。

今後はブロッキングの問題に関してかなりいろいろな議論が進むと思うが俺自身がブロッ
キングというものに関しては慎重に行わなければいけないと思う。こんなアホな社会でも
少しはこういった著作権侵害の馬鹿を減らすために努力しないといけないのではないのかな