タグ: アマゾンキンドル

Amazon Kindle のレビュー全部見たけど

Amazon Kindle のレビューを見て俺の電子書籍がどのようにレビューされているのかとい
うのを全て見た。色々な意見があるそれはまあいいことだが低評価がついたからといって
俺は別に気にしてはいないが中にはボンクラのようなレビューをするような奴もいる。

そのボンクラのようなレビューというのは本当に自分勝手なことを言い続けるやつだ。
Amazon Kindle で自由に電子書籍は出せるこれは本当に革命的なことなのにたった一人の
ボンクラのおかげでどうだろうかこんなことを言うのもなんだがいろんなレビューを見
て改善するべき点が分かってきた。

 

 

やはり誤字脱字が多いのかね

 

 

俺の意見の70%は誤字脱字が多いということだったらしいが確かにそれは問題だろうね。
それであれば誤字脱字を解消すればいいのかということである程度は課題が見えてきた。
当時は Microsoft の Word でやっていたので個人的な意見としては本当に大変なことだっ
たと思うのだが色々な意味で言うのであれば誤字脱字が多いというのも仕方がないだろう。

確かに誤字脱字というのは問題があるかもしれないがこの辺りはしっかりと改善していか
なければいけないだろうし俺自身も悪かったなって言う部分はあるだろう。

 

 

内容と関係のないレビュー

 

 

一番多かったのがこの内容と関係のないレビューだ。本当にこの人アホかと思ったぐらい人
のあら探しばかりをしているような奴は質が悪すぎるな。コツコツ頑張ってきてもこのよう
なレビューしかできない人間というのはどこかが歪んでいるとしか俺は思えない。

完璧を求めるなっていうのは常にそういうことだ。個人サッカーにまるで完璧を求めている
ようなものであり Amazon側そこまでは求めていないだろう。所詮 Kindleで出す電子書籍作家
は みんな初心者だ。 初心者に完璧を求めてどうするんだ。だったらせっかくの電子書籍と言
う個人が出版できる意味がなくなってしまうだろう。

 

 

長々とレビューしてんじゃねーよ

 

 

一番嫌いなタイプのレビューが長々とレビューしてんじゃねーよということである。簡潔
に要点をまとめてレビューすればわかりやすいのにただ愚痴をこぼしているだけのレビュー
というのは本当に質が悪すぎる。クレーマーとレビューの違いを分からないのかと逆に俺
は思うのだがこのタイプの人間というのは結局何が言いたいのか俺にはわからない。

一つはっきりしているのはこのタイプの人間が自分で電子書籍を出した時同じことを言われ
たらどうなるかということを知らないだろう。言ってみれば自分で出してみないと分からな
いしどのような意見が飛び交うのかわからないのに長々とデビューする人間というのはテレ
ビに出ている評論家気取りのようなレビューをしている奴らばかりだ。だったら一冊でも多
く本を書けばいいだけの話だろう。しかしそれができない失敗が怖い本当にあんたアホかと
言うたいぐらいだな。

 

 

今後の改善点

 

 

今後の改善点としては以下の四つぐらいか

1 誤字脱字をなくす
2 改訂版を出す
3 新作を出す
4 ですます調を使う

俺がやるべきことはこの四つだろうと一応考えた。高みの見物気取りで偉そうにしてい
るやつよりもやはり実践的に作業をしていくということが大事ではないだろうか色々な
意味でも俺は本当に頑張らないといけないなという風に感じるし自分自身がこれまで信
じてきた電子書籍作家という道を これからも頑張りたいので改訂版を出して改善して行
こうと思っている。

俺が電子書籍で夢を叶えるを出した理由

 

俺がこの電子書籍で夢を叶えるという Kindle 本を書いたのは、つい最近だが電子書籍を
出している人はまだまだ少ないとはいえ2012年10月に Amazon Kindle が日本に来た日か
らもう何年経ったろうかすでに5年半が経過した今、日本にはまだまだ電子書籍という言
葉が分かっていても自分で出版ということができない人が多い。俺はその中で電子書籍と
いう分野に参入し電子書籍をたくさん書いてきた。

確かに実績などないかもしれないし他人から見ればクソ電子書籍作家と言われても仕方が
ないかもしれないが、その人から見ればたった2冊3冊程度だと思うかもしれないが俺はそ
の100倍書いてきた。思いを込めて書いた電子書籍には色々な葛藤がある。

 

 

電子書籍で夢を叶えるを書いたのは電子書籍作家になって人生を変えたい人向け

 

 

俺がこの電子書籍を書いた理由のひとつはもちろん電子書籍で稼ぐということを目的にし
ている人もうそうだが一番大事な部分は電子書籍で成功したい人たちつまりどんな職業で
もそうだが横のつながりを電子書籍でつながりを求めている人たちに対して俺はこの電子
書籍で夢を叶えるというタイトルで書いた。本当にこの電子書籍を書くのは大変だったし
個人的な意見としても色々な意見があっただろう。

体的な意見もあれば肯定的な意見もある。人間というものはそんなものだ。俺の中では電
子書籍というのは稼ぐツールに過ぎないし電子書籍で飯が食えるというのはさすがに一握
りの人だけではないのかという風に思う。しかしそんな中でも諦めない気持ちがあったか
らこそ書けたのではないのかと俺は思っている。

 

 

自分の気持ちは素直にかけたものだな

 

 

自分の気持ちになって考えてみれば素直にかけたような電子書籍であるしとにかく誰かに訴
えたいという気持ちもあったけども夢を叶えるって言う言葉は俺は好きだ。この世知辛い世
の中に電子書籍で年金ぐらいの生活はできるだろうけども、やはり世の中がどんどんときつ
くなっていく中でどんな世代の人にでも電子書籍が出せるというこの大きなメリットを活か
して本当の意味で活躍して欲しいと思って俺は書いた。

中には批判する奴もいるやつもいるだろうけども批判したところで何が始まる。批判したとし
ても低評価をつけたところで俺に改善しようと言ってもいくら改善したところで低評価ばかり
つけられるのであればそれは単なる嫌がらせじゃないのか。誰のために書いているわけでもな
い俺は俺のために書いているだけの電子書籍だ。

 

 

心に残る電子書籍を

 

 

人は心に残る電子書籍というものがなかなか書けないものだが俺は本当にこの電子書籍を書
くのに自分自身の考えを常に述べている。本当に大事なことは伝えたいことありのままに書
くことだ。電子書籍作家として俺は自分のしてきたことが間違いではなかったことは言うま
でもないが本当に大事なことは何か、それは心に残る電子書籍を書き続けるということである。

電子書籍作家というのは本当に難しいものであり自分の思った通りに行かないと必ず嫉妬心
を燃やしたやつが俺に対して変な批判をしてくるものがいる。そんなことをしたところで何
があるのか。出し続ければいいだけじゃないか、誰から批判を浴びたからといってそこで萎
縮するというのは実におかしな話だろう。批判なんてどうでもいい話じゃねえかよ。俺は本
当にこの電子書籍作家になってよかったことはこの電子書籍で夢を叶えるという作品を出し
て自分がやってきたことは間違いなかったということを世間の人に訴えていきたいと思う