俺が電子書籍作家を目指した理由

俺はアマゾン Kindle で電子書籍を出しているが、もう5年になる。その5年の中で感じたこと
というのは非常に多い。電子書籍作家として今は電子書籍を出し続けているが全てがうまく
いったわけではない。電子書籍を書くというのは本当に大変なことがあり周りからはいろい
ろなことも言われる。

「あいつの電子書籍は面白くない」

このような否定的な意見があっても書き続ける理由というのは自分自身が選んだ道だからだ。

 

 

電子書籍作家でよかった

 

 

俺が電子書籍を選んだ道は元々出版業界で生きようと思ってた人間だったけどそんな甘くは
ないだろうし俺のような人間が作家になるということはまずありえなかった。20年前普通に
働いてた人間が20年後電子書籍作家として活動しているということは夢にも思わなかっただ
ろう。

本当にこんな現実があるのかということを考えた時電子書籍作家というのはまさに電子書籍
を出している作家さんなんだなという風に思う。しかし紙の書籍と文化が違うのでその辺り
を勘違いされる人が多いかもしれないが、俺の電子書籍は常に進化をし続けるようなもので
ある。

 

 

売れない日々

 

 

いくら電子書籍作家でも売れない日々があった。 Amazon Kindle という巨大なプラットフォー
ムがあるからこそ売れるという約束はない。しかし日本は本当に Amazon Kindle と言うプラッ
トホームをタダで使わせてもらえるという言葉を使えば語弊を招くかもしれないが、俺はこの
電子書籍に出会えて何か人生が変わったのではないかという風に思う。

自分の中に失敗はあったとしても間違いはなかったと言える人間だと思う。電子書籍を出版し
たいという多くの人は最初の段階でつまずくだろう。だけどそんなことを言ったこところで何
も話にはならない。たった二つしか答えがないのだ。

「出すか出さないか」

この二つの答えしかない ためらってどうするんでだろうか。ためらうぐらいだったら出せ
ばいい。世の中は必ず変わる。

 

 

批判と誹謗中傷に悩まされた日々

 

 

電子書籍を出しているとレビューを見るたんびに嫌になってきた時があった。批判と誹謗中
傷に悩まされた日々が本当に長かった。今でもそうだが電子書籍作家になったと言う嫉妬心
から Amazon Kindle のカスタマーに依頼して悪意のあるレビューを消してもらったのにまた
しても同じ人間がレビューをしている。まるでゾンビのように何度も何度もレビューをして
いるのだからたまったものじゃない。

本当にエンドレスのように続くのかという風にいたちごっこのようなことは俺はしたくない
ので放置状態にしている。ただ今思えばこのようなレビューも悩むこともなければ自分にメ
リットのないレビューというのは無視すればいいわけだ。改善するべき点はたくさんある。
レビューを見てどこが悪かったのだろうか、どこを改善するべきだったのだろうかというよ
うなレビューを本当に頂く時があるが俺のレビューは本当にひどいものが多かった。だから
こそこういった時に真摯に向き合い自分のレビューをもう一度見るべきだったのかもしれない。

 

 

Kindle で稼げるかどうかはあなた次第。

 

 

Amazon Kindle で稼げるかどうかというのはあなた次第ではないだろうか。俺は本当に Kindle
で稼げるかどうかということは保証はできないし自分自身も色々とまだまだ稼げてない部分が
あるので本当に大変な部分があるけども Amazon Kindle に参入するという人がいるならばそれ
はそれで本当にいいことだろう。

まだまだ電子書籍が普及していないとはいえ日本はモバイルマーケティングにトントンとシフ
トするべきである。俺の中には電子書籍というのは非常にやりやすい分野であるということは
間違いないだろうし、それに新しい電子書籍を出すたんびに売れるかどうかっていうのも非常
に楽しみだ。

Kindle Unlimited が売上を変えている

 

 

2016年8月から Kindle Unlimited が日本に上陸したということだがまだ1年半ぐらいしか経って
いないのでこの Kindle Unlimited が電子書籍作家にとってどのような恩恵を与えるのかどうか
がわからないにしてもとにかくはっきり言えることは KDP セレクトに入るかどうかである。
この KDP セレクトは簡単に言うならば売上アップには欠かせないものだがデメリットとして
は Amazon Kindle に独占販売権を与えなければいけないというのだ.

つまりは Amazon Kindle 以外で売ってはいけないというルールである..
このハンディを除けばほとんど Amazon Kindle の場合は俺自身はかなり売れるのではない
かと思っているし個人的な意見としてもいいのではないかと思うがここはやはり Amazon K
indle をやらないといけないし色々な視点から考えても Kindle Unlimited が日本に来たこと
はかなり大きなウエイトを占めているのは間違いないだろう.。

 

 

売上をどう伸ばすか

 

 

Amazon Kindle で売上を伸ばすためにはひたすら電子辞書書籍を量産するということが俺の
中では考えられるが、やはり人それぞれやり方が違うのでここははっきりしたことは言えな
いとしても断言できることは Amazon Kindle で売上をアップさせる方法というのは確実なこ
ととしては以下の二つである

売れる電子書籍を作る
改訂版を出す

つまりどういうことかと言うと電子書籍はほったらかしということで稼げると言っているや
つもいるがそれは全く違う話だ。電子書籍は時間とともに内容が違ってきたりする。例えば
政治系の電子書籍を出した場合その時の首相が2年ぐらい経つと首相でなかったりする場合が
あるがその時に電子書籍を購入した人はがっかりするだろう。だからこそこのようにしてマ
メに改訂版を出すことによってあなたの電子書籍の売り上げが全く違ってくるということだ。
Amazon Kindle は簡単ではないが売上を期待するのであればコツコツとやるしかない。 あなた
も是非電子書籍に出版してみないかと私は言いたい。

出国税法が成立したがなぜこんな税金が取られるのか

なぜ出国税というものを税金で取らなきゃいけないのか。そもそも俺はこの法律自
体がおかしいと思う。新しく法律で作られた出国税と言う法律だが、 出国税法とい
う法律らしいがそもそも外国人日本人に問わず出国するたんびに1000円取られるとい
うのは実におかしい話だ。俺から言わせてもらえればこの法律海外旅行に行くたんび
に1000円税金として徴収されるなぜという風に思う。

日本はなぜこのような出国税という法律を作ったのかわからないにしても、俺には
どこか納得できない部分がある。それはこの法律は果たして意味を持つのかどうかだ。

 

 

なぜ出国税という法律ができたのかメディアは報じない

 

 

森友加計問題がテレビで報じている中でこのような法律ができているというのはおそら
く知らないだろうが、全然このような法律がすっからかんのように通ってしまうというの
は実におかしい話である。日本はこのようにしてあっけらかんに法律が通ってしまうとい
うのも民主主義が担保されているのかといえばまず担保されていないというほうが正しい
だろう。

民主主義誰が担保されている国であればこの法律自体が出国税という法律自体がもはやお
かしいという風に言わなければいけない。日本で出国税を払い経由地でトランジットを払
うというのも実におかしな話である。つまりこの出国税という法律にはどこかで利権臭い
というものがあるだろう。

 

 

遠くの国に行けば行くほどトランジットがかかる

 

 

トランジットとはまさに経由地で払う税金であるが日本で出国税は払う経由地で税金を払
うというのはおかしな話だろう。このような法律ができてしまっても国内旅行をした方
がマシだという人間が絶対に増える。国内旅行の方がまだマシだろうしそれにこのような
馬鹿高い出国税を一回一回払うたんびに国民も腹が立ってくるだろうね。

やっぱり何よりも大事なことは国民を大事にしているかどうかだろう。だがこの税金に関
してはほとんどの人は知らない。なんのことやらわからないというのも仕方がないが出国
税というのはどこか俺はタチが悪いなという風に思う。

 

 

このような税金が果たして必要なのか

 

 

このような税金を作った背景には東京五輪が必ずあると思うが、しかし日本人がなぜこ
のような税金を取られなきゃいけないのか。そもそも外国人だけに適用するのであれば
別に問題はないが、なぜ出国する日本人までもが出国税を徴収するというのか俺にはわか
らないがいずれにしてもおかしな話である。

冒頭にも説明したように何の根拠があってこのような税金が作られたのかがわからない。
外国人、日本人に限らずに税金をとりますよっていうのは明らかに利権が絡んでいるから
ではないか。そうでないと誰がこんなアホな税金を取るんだろうかと俺は思う。

 

 

2019年1月から施行される

 

 

2019年1月から施行されるらしいが、しかしこんな税金いくら何でもおかしいと俺は思うね。
何度も話しているようにこの税金自体がまず不当だからだ。それに1000円徴収するという自
体がなんのためににやるのかがわからないね。意味のわからない税金を誰が払うのかよっ
ていう風に思っても日本人はどうしても払ってしまうだろう。このようなことをしても国
民は納得しないだろうしおかしな話だというふうにしか俺には思ってない。

もっと考えてほしいことがあるし、この税金が本当に正しく使われているのかということ
をあなたは知ってほしいと思う